スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説 阪神大賞典 【ディープインパクト メモリー】

2006年3月19日【阪神競馬第11レース】

悪夢のグランプリから約90日、充電期間を終えディープインパクトはこの年新たな不敗神話を作ろうとしていた。

陣営は無敗伝説は途切れてしまったが、また新たな考えでこの一戦に挑んでいた。

その復帰初戦は春の天皇賞の前哨戦ともいうべき阪神大賞典。

ディープインパクトが出走するということで恐れをなしてかわずかに9頭立て、しかしその中には前年のダービーで2着したインティライミと菊花賞馬のデルタブルースが参戦していた。

しかしまず負ける相手ではないということも含め単勝は1.1倍の圧倒的な支持を受けレースは行われたのである。

ゲートはいつも通りゆっくりと出て後方に下げる、じっと我慢をしていて4コーナー手前から余裕のスパートを掛けると最後のコーナーを回るころには無人の野が開けていた、終わってみれば先行して2着に粘ったトウカイトリックに3馬身差をつける圧勝劇だった。

武豊も「強かったですね、この馬らしい走りを皆さんに見てもらいたかった」と愛馬の走りに満足の様子だった。

天皇賞、そして海外遠征へとこの年ディープインパクトは最高のスタートを切ったのだった。
スポンサーサイト

2007/02/18 17:19 | 阪神大賞典COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。