スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説 宝塚記念 【ディープインパクト メモリー】

2006年6月25日【京都競馬第11レース】

天皇賞を驚異的な強さで圧勝したディープインパクトの凱旋門賞挑戦が正式に決定した後の、海外壮行レースとも言えるのがこの宝塚記念だった。

負ければもちろん凱旋門賞行きは消えてしまうがそんな心配は俺も含め誰一人として微塵にも感じられなかった。

天皇賞をを快勝したディープインパクトにもはや国内に敵なし、唯一暮れの有馬記念で黒星を喫したハーツクライは現に海外へ挑戦中、このレースは海外に向けてどのような競馬をして勝つか、その一点に集中されたレースとも言えた。

「この馬で行かなかったらどの馬で凱旋門賞に行くのか?」と改めて言い切った武豊の発言は実に頼もしかったといえよう。

レースは阪神競馬場が改修工事中のため京都競馬場で多少雨の降る中馬場はやや重で行われた。

相手といえば天皇賞でディープインパクトの2着したリンカーン、国内ではG1レース惜敗続きだったコスモバルクがシンガポールに出向きG1制覇を成し遂げて帰ってきた帰国初戦のレース、安定味が出てきた皐月賞馬のダイワメジャーといってところだったが勝利は織り込み済みだったようにまったく問題にせずの楽勝の結末だった。

ディープインパクト陣営もファンの関心もすでに世界の最高峰レースである凱旋門賞に向いていた。

過去日本調教馬で凱旋門賞に挑んだのはスピードシンボリ、メジロムサシ、シリウスシンボリ、エルコンドルパサー、マンハッタンカフェ、タップダンスシチーの6頭、最高成績はエルコンドルパサーの2着がある。

この時点で、目指すは日本競馬界悲願の凱旋門賞優勝という夢に向かってすでにディープインパクトは動き始めていたのである。

このレースの3ヶ月後、もしかしたら今まで想像もできなかったことが現実に起こるのではないかという期待感に俺も夢が膨らんだのであった。

takara


スポンサーサイト

2007/02/18 18:29 | 宝塚記念COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。