スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説最終章 有馬記念2006【ディープインパクト メモリー】

2006年12月24日【中山競馬第9レース】

引退レースにすべてをかけて・・

「ラストのレースにすべてをかけて乗りたい。次の有馬記念が彼の生涯最高のレースとなるように」ジャパンC快勝後の武豊はこう語った。
16年前、当時はバブルの絶頂期、世の中も競馬も今まで以上に売り上げもあり盛り上がっていた、その引き立て役はなんといっても時代のスーパーホースオグリキャップに当時から天才ともてはやされていた若かりしころの武豊、これまたディープインパクトとは違った意味で国民的ヒーローだったオグリキャップは有馬記念を迎える前2戦を期待に反して凡走してしまった、そして最後にそのオグリキャップの引退レースを託された武豊は当時の限界説をはねのけ劇的な感動のラストランを飾ったのである。

あれから16年の歳月が流れ、またここに大勢のファンから引退を惜しまれる国民的な英雄であるディープインパクトの引退レース、ファンの心に永遠に残るフィナーレを迎えたのである。

当日はもちろんのごとく早い時間から俺も中山競馬場に連れを伴い向かった。
去年でさえ16万人という人々がここに訪れたのである、今年は果たしてどれぐらいの人達が来場するのだろう、徹夜組もわんさかいると聞く、いつも中山にいったときはもちろん座れはしないがゴール版の近辺で立ち見をしているので今回はちゃんと観戦できるかなという不安もあってかなるべく早めに現地に到着した。
運良く、朝から晴天にも恵まれ心地いい雰囲気の中で競馬を楽しむことができた。

1年前のまさかの敗退、そして凱旋門賞での屈辱の失格、さまざまな苦難の中でも陣営は攻撃的にディープインパクトを仕上げた、それもこれも今回のラストランにかける意気込みがあればこそのことである。

ハーツクライは有馬を待たずして引退、しかし秋G1連勝中のダイワメジャーを筆頭にメルボルンC1、2着のデルタブルース、ポップロック、2冠馬メイショウサムソン、JC、菊花賞ともに2着のドリームパスポートが鞍上を大井の名手内田にスイッチして参戦してきた、ディープインパクトの引退レースにふさわしい面々が揃い、15時25分運命のファンファーレが鳴り響いたのである。

レースはアドマイアヤメインが予告通りの大逃げを打つ、主役のディープインパクトは今日も後方3番手からの競馬、ダイワメジャー、メイショウサムソン、デルタブルースあたりも早めに行く、向こう場面3コーナーに差し掛かるところでもまだディープインパクトは後方待機、3~4コーナー中間地点でもまだ動かない、最後の最後に爆発させる瞬間をまっているのかのように、勝負どころの4コーナーで場内からは地鳴りのような大歓声が沸き起こる、きたきた、ディープインパクトが一気にまくってきた、それも他馬が止まって見えるぐらいの凄い爆発力、そして直線に入ったところで武豊がゴーサインを出し左ムチ一発でゴール200M手前でトップに躍り出る、追いすがるものは誰もいない、凄い、凄すぎると俺も心の中で唸った!

ゴール前は武豊がディープインパクトをいたわるように抑える圧勝劇だった、最後もやはりディープインパクトらしい競馬であった。
回りはディープの勝利に酔いしれる人、涙を流している人、様々な光景が俺の目にも写った。

去年とは天と地の差、最高の瞬間にその場にいれたことがなんとも幸せを感じられる一瞬だった。

ディープインパクトは引退の花道を生涯最高の「飛び」で自らを華やかに飾ったとともに、最高のクリスマスプレゼントをファンに贈ってくれたのであった。

この日は俺にとっても生涯忘れることのできない最高の一日になった。
ディープインパクトよ、ほんとにありがとう。。
arima

aima2

スポンサーサイト

2007/02/18 20:08 | 有馬記念2006COMMENT(24)TRACKBACK(3)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。