スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説 若駒S 【ディープインパクト メモリー】

2005年1月22日【京都競馬第10レース】

デビュー戦を衝撃的な強さで勝ち、早々とダービー候補と騒がれたディープインパクトの2戦目はオープン特別の若駒Sが選ばれた。

レースはテイエムヒットベが果敢に逃げを打つ。

ディープインパクトは慌てず騒がず最後方を追走。

レースが中盤に入ると、正直「こんなところから届くのかよ?」っていうぐらい3コーナーでは先頭のテイエムヒットベとの差は約10馬身ぐらい余裕であった!

画面で見ていても、いくらなんでもちょっとじっくり構えすぎではないか?
という印象すら受けたのはたぶん俺だけではなかったはず。

しかしディープインパクトはやはりただ者ではなかった。

直線、武豊がゴーサインを出すとそこから矢のように突き抜け終わってみれば大楽勝、ほんとうに凄い馬が現れたなという感想をそのとき抱いた。

2戦目にして早くもクラシックの最有力候補に躍り出た一番だった!

武豊の言葉:「ボクはただ乗っていただけ。とにかく無事にさえいってくれればいい」



スポンサーサイト

2007/02/17 23:33 | 若駒SCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。