スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説 弥生賞 【ディープインパクト メモリー】

2005年3月6日【中山競馬第11レース】

わずかたった2戦でディープインパクトはその名の通り強烈な衝撃を与えた。

そしてディープインパクトはクラシックの登竜門である弥生賞に挑んだのである。

関東に初のお目見え、あのときも俺は都内のウインズで観戦をしていた。

今までの2戦とは違い今回はG1ホースのマイネルレコルトや京成杯の勝ち馬アドマイヤジャパンなどと相対し、ディープインパクトにとっても初の長距離輸送、初の中山コースと初ものづくしがいくつかあった。

期待と不安が入り乱れる中においても単勝1.2倍のダントツ人気!

はたしてこのコース、この相手にどういう競馬をするのか俺も俄然注目をしてレースを見ていた。

ハナを切ったダイワキングコンが刻んだラップは千M通過が62秒1のスローペース、それが流れが速くなったのが3コーナー手前、その展開にあってディープインパクトの位置取りはブービーだった。

一気にペースが上がった勝負所で、実に6頭分の外を回り4コーナー3番手まで進出してきたときのあの歓声、そして直線は毎度のように加速して残り200Mで先頭に立った。

なんという瞬発力!

ゴール前ではアドマイヤジャパンに詰め寄られるもまだまだ余裕の手ごたえにすら感じられた。

それは着差だけでは測れない、歴然たる力の違いというのをまざまざと見せ付けられた一戦だった。

この時点で、今年はこのディープインパクトが総なめにするんじゃないかという心境だった。

武豊の言葉:「4角を回って来る時はほんとに気持ちよかった。乗っていても速さを感じる場面でアッというまに先頭だからね。今回も相手を圧倒したと言ってもいいんじゃないですか」
この馬の一番の長所は?の問いに「それは負けないところ。サラブレッドとして才能をすごく感じさせる」
弥生

スポンサーサイト

2007/02/17 23:58 | 弥生賞COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/02/19 | 特撮動画への誘い |

ディープ・インパクトについて

ディープ・インパクトディープ・インパクト#彗星衝突の危機を描いたパニック映画。 →ディープ・インパクト (映画)NASAの彗星探査機、ディープ・インパクト。またはその計画の名称。 →ディープ・インパクト (探査機)ディープインパクト日本中央競馬会所属の現役競走馬。→

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。