スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ディープインパクト伝説 凱旋門賞 【ディープインパクト メモリー】

2006年10月1日【ロンシャン競馬場】

ディープインパクトが8月の初旬にフランスの地に降り立ってから約一ヵ月半、それまで陣営が凱旋門賞へのトレーニングを積み重ねる日々が続いていた、あえて前哨戦にも出走せずに世界の最高峰にはぶっつけ本番で挑むことになった。

IFHA(国際競馬統括機関連盟)のトップ50ワールドリーディングホースにこの年の7月発表時点ではディープインパクトは堂々の世界ランク1位タイ、8月時点でも2位タイという評価を得て地元フランスでの注目度も高かった。

そして運命の10月1日を迎える。

当日のロンシャン競馬場には日本のディープインパクト応援団が大挙押し寄せそれも話題になり、またこの凱旋門賞はNHKが衛星生放送をしていたので日本中が注目をしていた一戦でもある、現地時間からすれば日本では日曜日の夜中の十二時半、もちろん俺もテレビの前では釘付けになってディープインパクトを応援していた。

ディープインパクトの当面のライバルになろうであるハリケーンラン、シロッコを相手に果たしてどんな競馬をするのか? 日本中のファンの夢を乗せて武豊ディープインパクトの出走する凱旋門賞のスタートが切られたのである。

少頭数(8頭立て)でレースは予想通りにスローペースになる、逆に好スタートを切ったディープインパクトは自然に先行する形になってしまい それでもなんとか我慢をして2番手の追走になった。

全般を通してディープインパクトの折り合いは十分だった、直線を向いて時の脚色はライバルのシロッコ、ハリケーンランをしのいでいた、そして武豊は満を持して追い出しにかかるが半馬身までリードを広げたがいつもの爆発力がなく、その後方で脚をためていたレイルリンクに一気に迫られて、いったんは差し返すが突き放すだけの余力はなくゴール前ではさらに後方にいたプライドにも差されまさかの3着に終わってしまったのである。

騎乗も状態も「完璧」だったはずなのに、これが世界の壁なのか!

テレビの前で絶叫した俺も少々落胆をしてしまった。

そして悪いことは続くもの、さらなる悪夢がディープインパクト陣営を襲った。

それは「悪夢」の薬物騒動であった、ディープインパクトから禁止薬物が検出され11月16日、失格処分がフランスギャロップから下されたのだ・・

「ディープインパクト」は今後どうなるんだという思いが日本中を駆け巡った


武豊の言葉:「コンディションは良かった、直線ではいつもの形で追い出した、でも日本でのレースとは違った。もうひとつのギアが入らなかった感じ、レース直後に言いにくいが本来の走りではなかった、とにかく残念です。悔しいというか残念です」

池江調教師の言葉:皆さんの期待に応えられずに残念です。でもディープは一生懸命に走ってくれた、勝った馬は斥量の軽い3歳馬で、要注意の存在だったが。悲しい結果ですけどこれがいい経験になると思います。これで終わりじゃないのでディープとともに頑張りたい」
gaisenmon

2007/02/18 19:13 | 凱旋門賞COMMENT(51)TRACKBACK(3)  

ディープインパクト伝説 宝塚記念 【ディープインパクト メモリー】

2006年6月25日【京都競馬第11レース】

天皇賞を驚異的な強さで圧勝したディープインパクトの凱旋門賞挑戦が正式に決定した後の、海外壮行レースとも言えるのがこの宝塚記念だった。

負ければもちろん凱旋門賞行きは消えてしまうがそんな心配は俺も含め誰一人として微塵にも感じられなかった。

天皇賞をを快勝したディープインパクトにもはや国内に敵なし、唯一暮れの有馬記念で黒星を喫したハーツクライは現に海外へ挑戦中、このレースは海外に向けてどのような競馬をして勝つか、その一点に集中されたレースとも言えた。

「この馬で行かなかったらどの馬で凱旋門賞に行くのか?」と改めて言い切った武豊の発言は実に頼もしかったといえよう。

レースは阪神競馬場が改修工事中のため京都競馬場で多少雨の降る中馬場はやや重で行われた。

相手といえば天皇賞でディープインパクトの2着したリンカーン、国内ではG1レース惜敗続きだったコスモバルクがシンガポールに出向きG1制覇を成し遂げて帰ってきた帰国初戦のレース、安定味が出てきた皐月賞馬のダイワメジャーといってところだったが勝利は織り込み済みだったようにまったく問題にせずの楽勝の結末だった。

ディープインパクト陣営もファンの関心もすでに世界の最高峰レースである凱旋門賞に向いていた。

過去日本調教馬で凱旋門賞に挑んだのはスピードシンボリ、メジロムサシ、シリウスシンボリ、エルコンドルパサー、マンハッタンカフェ、タップダンスシチーの6頭、最高成績はエルコンドルパサーの2着がある。

この時点で、目指すは日本競馬界悲願の凱旋門賞優勝という夢に向かってすでにディープインパクトは動き始めていたのである。

このレースの3ヶ月後、もしかしたら今まで想像もできなかったことが現実に起こるのではないかという期待感に俺も夢が膨らんだのであった。

takara


2007/02/18 18:29 | 宝塚記念COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ディープインパクト伝説 天皇賞 【ディープインパクト メモリー】

2006年4月30日【京都競馬第11レース】

阪神大賞典の圧勝劇で有馬記念敗北のショックは完全に吹っ切れたディープインパクトとその陣営。

当然のごとく古馬初のG1、春の天皇賞に駒を進めてきた。

ここは今年さらに飛躍し、後の海外遠征のためにもディープインパクトにとっては絶対負けられない一戦でもあった。

しかしそのディープインパクト一色の天皇賞に他陣営も「同じ位置からでは到底競馬にはならない」「ハーツクライが有馬記念でディープインパクトを完封したように、あの馬を負かすには前に位置するしかない」
「3~4コーナーから早めスパートで引き離すのが唯一の抵抗手段」という具合にディープインパクト攻略をしていたのである。

だが、ディープインパクトは他陣営の目論見をこれまた衝撃的な競馬スタイルでいとも簡単に裏切ってしまった!

レースが始まり逃げ宣言をしていたブルートルネードが果敢に逃げていく、トウカイトリックやシルクフェイマス、そしてリンカーンまでもが
早め早めの競馬、ディープインパクトはそれを見るかのようにいつものように前半は後方から数えて2~3番手、しかし向こう場面からとんでもないことが起こった!

なんと早めに仕掛けるはずの他陣営を尻目にディープインパクトと武豊がまだ残り千Mのところから動き出したのだ、そしてゴールまで600Mの地点ではなんと先頭に踊り出てしまったのだ!!

これを見ていた金子オーナーが「まだ早い!」と叫んでしまったのも無理もない、こんな常識を覆す競馬では淀の3千2百はしのぎ切れない、しかしその一分後、ディープインパクトは後続に3馬身半差をつけて、追いすがってくるリンカーンを悠々と振り切り先頭でゴールインしてしまったのである。

普通だったらあの競馬では1ハロン手前で脚が上がってしまうものをそれをディープインパクトはいとも簡単に跳ね除けてしまったのである。

しかも97年にマヤノトップガンがマークした3分14秒4を1秒も上回る驚異的な日本レコードまでおまけにつけた!

春の天皇賞をメジロマックイーンで2度制している池江調教師も常識破りの圧勝劇に驚きを隠せなかった、そしてここまできたらいい形で海外へ行きたいと高らかに宣言をしたのであった。

武豊の言葉:改めてこの馬の驚異的な性能には驚きました、今日はちょっと飛ぶのが早かったですけど(笑)・・
天


2007/02/18 17:54 | 天皇賞COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ディープインパクト伝説 阪神大賞典 【ディープインパクト メモリー】

2006年3月19日【阪神競馬第11レース】

悪夢のグランプリから約90日、充電期間を終えディープインパクトはこの年新たな不敗神話を作ろうとしていた。

陣営は無敗伝説は途切れてしまったが、また新たな考えでこの一戦に挑んでいた。

その復帰初戦は春の天皇賞の前哨戦ともいうべき阪神大賞典。

ディープインパクトが出走するということで恐れをなしてかわずかに9頭立て、しかしその中には前年のダービーで2着したインティライミと菊花賞馬のデルタブルースが参戦していた。

しかしまず負ける相手ではないということも含め単勝は1.1倍の圧倒的な支持を受けレースは行われたのである。

ゲートはいつも通りゆっくりと出て後方に下げる、じっと我慢をしていて4コーナー手前から余裕のスパートを掛けると最後のコーナーを回るころには無人の野が開けていた、終わってみれば先行して2着に粘ったトウカイトリックに3馬身差をつける圧勝劇だった。

武豊も「強かったですね、この馬らしい走りを皆さんに見てもらいたかった」と愛馬の走りに満足の様子だった。

天皇賞、そして海外遠征へとこの年ディープインパクトは最高のスタートを切ったのだった。

2007/02/18 17:19 | 阪神大賞典COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。